▼パートナー一覧


 コンサルティング会社に資格者であるコンサルタントを数十人雇用すると、膨大なコストがかかります。その分、お客様からいただく報酬が高くなってしまいます。
そこで、お客様のご要望を聞いてから、それに応えられる専門家を登録されたパートナーの中から選出して、プロジェクトチーム(PT)を作れば、そのPTに投入されたコンサルタントの報酬だけ、お客様からいただけば、成り立つ組織ができます。つまり、日常のコストを極限まで削減し、お客様の要望に合わせて、必要な専門家を何十人でも投入できるシステムは、パートナーシップによってはじめて実現できるわけです。








 日本の場合、財産の中に占める不動産の割合は、非常に高いのが現状です。高度経済成長期のインフレ経済下では、不動産の値上りが含み資産を増やし、担保価値を増し、財務基盤を強化してきました。
しかし、これからの成熟経済下では、収益を生まない不動産は、大きなコストとリスクを生み出します。不動産を保有する目的も明確にしていかなければなりません。さらに、流動資産のウェイトが少なすぎると突発的なリスクに対応できません。
 そこで、不動産から生み出される収益で流動資産のウェイトを高めて行く必要があります。そのような理由から、不動産から流動資産を生み出すことが、資産保全のために重要となってきます。
不動産のコンサルティングは、その不動産の所在地の情報とサポートが必要です。 資産保全のための不動産コンサルティングを地域密着型で行なうためには、経営理念を同じくした全国組織のネットワークが必要だったわけです。







Copyright© Satellite Consulting Partners Co.,Ltd. All Rights Reserved.